貫井神社2020年05月23日 16:14

自粛の最中ではありますが、自宅にこもるのも飽きたし、天気が回復してきたので自転車で散歩に出かけました。
小金井にある貫井神社は崖線の下にあり、湧水で有名なところですが、参拝にも「マスク着用」と表示されており、のんびりと緑を楽しむという雰囲気ではありませんでした。

n-3

n-1

n-4
本殿裏からは、湧水がせせらぎとなって流れ出ています。

n-2

n-5

秋の気配2019年08月24日 17:19

寝苦しい夜からやっと解放されるのかと思った途端に、わが家の庭で秋の虫が鳴き出しました。昼間はまだまだ暑さが残りますが、公園でも秋の気配を見つけることができました。

0824-1

0824-2
ナナカマドの実がなっていました。

0824-3
萩の花も咲き始めていました。

0824-4
すすきはこれからです。

0824-5

0824-6

自転車で多摩川へ2017年01月02日 21:30

正月からゴロゴロしてばかりなので、運動不足解消と気分転換に自転車で出かけました。多摩川沿いに2〜3時間の散歩だったのですが、天候や体調のせいで、しばらく乗っていなかったため、帰りは足が張ってしまいました。

多摩川-1

多摩川-2
関戸橋近くにて。広い空で気分が良くなります。枯れススキが支流の川沿いに並んでいました。

多摩川-3
別の支流で見かけた白サギ。足が黄色くないのでコサギではないのか?人を見ても逃げませんでした。

浅川-1
浅川沿いもススキが輝いていました。

浅川-2
浅川の高幡不動近くから富士山が見えました。逆光で霞んでいます。

日野-2
日野にある清流園へ。相変わらず水量は豊富で、池には水鳥が来ていました。

日野-3

日野-1

日野-4
湧水の近くにある大仏。道路側からは背しか見えず、初めて正面の顔を見ました。

荒幡富士へ2016年05月22日 12:39

またまた「こころ旅」ででた場所へ自転車で行ってきました。今回は、埼玉県の旅で紹介された所沢市の荒幡富士。多摩湖畔にある西武園の裏側にあります。晴れると夏を思わせるような気温になってきたなか、水筒をカラにしながら汗をかいて坂を上がり下がりしてきました。

1521-1
ここは県や市から景観の名所として指定されているためか、中高年のハイカー、特に女性がたくさん来ていました。

0521-2
行きに通った多摩湖畔。遠くに雲がかかり、山は霞んでいました。

0521-3
荒幡富士の上からの眺め。東にの方向にスカイツリーが見えました。

0521-4
西武園の横にある八国山公園の緑地。尾根道から丘のふもとなど散策する人が多くいました。森の中にガビチョウの声が響き渡っています。

0521-5
八国山公園の前を走る西武鉄道・西武園線の線路。踏切が残っており、電車を間近で見られます。
0521-6
八国山公園の近くに久米川古戦場の石碑が建っています。鎌倉幕府を攻めた新田義貞が、府中市の分倍河原の戦いの後にここで戦ったそうで。当時は東村山市あたりは交通の要衝だったらしいです。

こころ旅を追って2016年05月05日 15:20


0505-1

GWとはいえ、風の強い日が多くて自転車に乗れませんでしたが、風が止んだので、自転車を掃除し、タイヤに空気を入れ、久しぶりに西多摩地区へ行きました。TVのこころ旅・東京編で出た場所を訪ねましたが、足はパンパン、息はゼイゼイとなって帰ってきました。上の写真は旧五日市高校跡地のメタセコイアの並木です。テレビの放送時は枯れた並木でしたが、現在は新緑に覆われて緑のトンネルとなっていました。

0505-4
行きは玉川上水沿いに走って福生市へ。緑の木陰が気持ちの良い季節になりました。

0505-3
こころ旅で出た五日市線の熊川駅へ。無人駅なのでホームへは自由に入ることができ、入場用と出場用にスイカをタッチするパネルが置かれています。

0505-5
熊川駅近くの崖上からの眺め。この左方に富士山が頭を出していました。

0505-6
福生市のほたる公園。崖線からの湧水がきれいな池をつくっています。エサをあげているらしく、人が現れると鯉が寄ってきます。

0505-2
並木の上を横田基地を飛び立った米軍機が何度も旋回し、飛行訓練をしていました。

0505-7
ここも放送された圏央道のあきる野ICのループ橋。この後、秋川沿いの自転車道を通って帰りました。